学生募集要項ダウンロード


奨学金制度

公的奨学金

1.宮崎県育英資金

向学心に富み、優れた素質を有しながら経済的理由により修学が困難な者に対し、学校長の推薦に基づいて修学資金の貸付が行われます。

(1)貸付額 在学採用) 自宅通学:月額52,000円  自宅外通学:月額59,000円
(緊急採用) 自宅通学:月額26,000円  自宅外通学:月額30,000円
(2)募集期間 在学採用については、3月(入学後)から4月下旬
緊急採用(生計維持者の失職・死亡・病気、あるいは災害による家計急変等が対象)については随時
(3)申請方法 本校を通じて手続きを行います

2.宮崎県介護福祉士修学資金等貸付制度

宮崎県社会福祉協議会(以下、「県社協」という。)では、介護福祉士を目指す者に対し、修学資金の貸付を実施しています(但し、平成29年度から貸付額が変更される予定)。

(1)貸付額 月額:50,000円以内
入学準備金:200,000円以内
就職準備金:200,000円以内
国家試験受験対策費用:40,000円以内(一年度あたり)
生活費加算月額:30,000円以内(生活保護受給世帯のみ対象)
(2)募集期間 貸与を受けようとする年度の4月上旬から4月末日
生活費加算を受けようとする場合は、入学選考後から入学前
(3)申請方法 本校が申請を取りまとめ、推薦を行う形となります
生活費加算を希望する場合は、入学前に県社協、若しくは管轄の福祉事務所より申請書を受け取り、本校で取りまとめる形となります

3.宮崎県母子父子寡婦福祉資金

母子家庭、父子家庭の子弟を対象とする修学資金、就学支度資金の貸付制度を利用できます。

(1)修学資金貸付 自宅通学:月額53,000円(上限)
自宅外通学:月額60,000円(上限)

自宅通学:580,000円(上限)
自宅外通学:590,000円(上限)
(2)就学支度資金貸付 貸付相談・申請については、以下の窓口に直接問い合わせることになります
① 宮崎市に居住の場合
 宮崎市子育て支援課 0985-21-1765
(3)申請方法 ② 宮崎市以外に居住の場合
 県福祉こどもセンター、児湯福祉事務所、
 西臼杵支庁福祉課、または県こども家庭課 0985-26-7041

4.生活福祉資金

県の社会福祉協議会を実施主体として、低所得世帯、障害者世帯等世帯単位に修学資金の貸付を行っています。日本学生支援機構の奨学金申請が認可されなかった場合、あるいは認可額が修学に不足する場合に、利用が可能となることがあります。

5.教育ローン

国の教育ローン(日本政策金融公庫)や、金融機関等の教育ローンの利用を希望される場合は、事務局で紹介します。


アルバイトについて

留学中にアルバイトをするためには、「資格外活動」の許可を受ける必要があります。
新規入国者で、かつ「留学」の在留資格で3ヵ月を超える在留期間が決定された学生は、上陸許可時に入国する空港において、資格外活動許可の申請をすることができます。アルバイトは週28時間までとなっており、学校の長期休暇中は、所定の期間において週40時間まで働くことができます。
資格外活動許可は、学校に在籍し授業に出席している場合にのみ有効です。
また、許可を受けずにアルバイトをしたり、定められた時間を越えたりした場合は、資格外活動違反となり、日本で留学生活を続けることができなくなります。